大村紙業
サイトマップ

サイトマップ

お問い合せ お問い合せ 免責事項 免責事項 IRポリシー IRポリシー

会社概要

社長挨拶
会社概要
沿革
事業所案内

事業案内・製品紹介

採用情報

IR情報

社会貢献活動/環境への取組

沿革

昭和40年3月 段ボールケースの製造販売を目的として、神奈川県茅ヶ崎市に資本金100万円で大村紙業株式会社を設立しケース付属品の製造販売を開始。
昭和43年12月 同地に工場を増設し、段ボールケースの製造を開始。
昭和45年9月 同地に工場を増設し、段ボールシートの製造を開始。
昭和48年12月 日本工業規格表示許可工場になる。
昭和49年12月 福島県二本松市に東北事業部を新設。
昭和54年12月 大阪府南河内郡美原町(現、堺市)に大阪事業部を新設。
昭和56年10月 栃木県那須郡西那須野町(現、那須塩原市)に栃木事業部を新設。
昭和59年7月 博栄板紙株式会社より段ボール原紙製造工場に関する営業権を譲受け、静岡県富士市に製紙事業部を新設。段ボール原紙の製造を開始。
昭和60年5月 三重県上野市(現、伊賀市)に三重事業部を新設。
昭和61年10月 本社事業部を湘南事業部と改称し、本社機構と完全分離。
12月 茨城県結城市に茨城事業部を新設。
平成2年2月 宮城県岩沼市に仙台事業部を新設。
平成4年9月 京都府船井郡日吉町(現、南丹市)に京都事業部を新設。
10月 株式額面変更のため、大村段ボール株式会社(形式上の存続会社)に吸収合併され、同時に大村紙業株式会社へ商号変更。
12月 栃木県那須郡黒羽町(現、大田原市)にレーベル事業部を新設し、ラベルの製造を開始。
平成7年2月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成7年12月 京都府船井郡日吉町(現、南丹市)(京都事業部内)に京都ケース事業部を新設。
平成8年7月 神奈川県茅ヶ崎市(本社・湘南事業部内)に段ボールパレット事業部を新設し、段ボールパレットの製造を開始。
平成8年8月 茨城県結城市(茨城事業部内)に茨城シート事業部を新設。
平成9年4月 京都ケース事業部と京都事業部を合併し、京都事業部とする。
福島県大沼郡会津高田町(現、会津美里町)に会津事業部を新設。
平成10年4月 茨城事業部と茨城シート事業部を合併し、茨城事業部とする。
平成12年2月 東北事業部において「ISO9002」(段ボールシート・ケースの製造)の審査登録(認証取得)をする。
平成13年4月 日東ダンボール株式会社より営業権を譲受け、群馬県佐波郡玉村町に群馬事業部を新設。
段ポールパレット事業部と製紙事業部の原紙部門を廃止して新たに段ボールケース及び段ボールパレット製造販売として静岡事業部を新設。
平成13年10月 大阪事業部内に新たにケース部門を新設。
平成15年2月 「ISO9002」(段ボールシート・ケースの製造)を「ISO9001:2000」(段ボールシート及び段ボールケースの製造)に移行及び更新。
平成16年1月 千葉県柏市に千葉事業部を新設。
平成16年4月 群馬県佐波郡玉村町(群馬事業部内)にレーベル群馬事業部を新設。
栃木県那須郡黒羽町(現、大田原市)のレーベル事業部をレーベル栃木事業部に変更。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成18年8月 神奈川県茅ヶ崎市の本社建物内に包装設計デザイン研究所を新設。
平成20年5月 群馬事業部及びレーベル群馬事業部を、埼玉県本庄市に移設し、群馬事業部を埼玉事業部に変更し、レーベル群馬事業部をレーベル埼玉事業部に変更。
平成22年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所が合併したことに伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場となる。
平成25年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場