大村紙業
サイトマップ

サイトマップ

お問い合せ お問い合せ 免責事項 免責事項 IRポリシー IRポリシー

会社概要

事業案内・製品紹介

採用情報

IR情報

最新の情報/トピックス
株主メモ
IRライブラリー
実績の推移
FAQ
決算説明動画配信

社会貢献活動/環境への取組

決算説明動画配信

当事業年度におけるわが国経済は、緩やかながらも回復基調が続いており、個人消費も雇用・所得環境の改善を背景に、底固く推移し、設備投資も増加基調にあります。しかしながら、米政権の政治的手腕や一部の新興国に弱さが見られ、先行き不透明な状況が続いております。

当業界におきましては、全国段ボール生産量は前期比101.5%となりました。

当社は、シート及びケース価格が軟調に推移した結果、段ボールシート64百万u(前期比5.4%減)、段ボールケース38百万u(前期比4.6%減)となりました。

売上高は4,969百万円(前期比4.8%減)となり、また、利益面におきましては経常利益400百万円(前期比33.4%増)となり、当期純利益247百万円(前期比43.0%増)となりました。

販売品目別の概況は次のとおりであります。

(イ) 段ボールシート
売上高は1,121百万円(前期比8.2%減)
総売上高に占める割合は22.6%です。

(ロ) 段ボールケース
売上高は3,131百万円(前期比3.6%減)
総売上高に占める割合は63.0%です。

(ハ) ラベル
売上高は168百万円(前期比13.6%減)
総売上高に占める割合は3.4%です。

(ニ) その他(主に包装資材)
売上高は547百万円(前期比0.9%減)
総売上高に占める割合は11.0%です。


売上高/経常利益 売上構成比率(53期)

製品別売上高

ダンボールケース売上高 ダンボールシート売上高